財団概要

【名称】 公益財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団
【目的】 文化財の保存及び活用に関する事業の助成、芸術文化の発展に係る研究活動に対する助成及び世界の文化財の保護に関する国際的な協力・交流等を促進することにより、文化財の保護と芸術文化の充実向上を図り、もって我が国の文化の発展並びに国際相互理解の促進に寄与することを目的とする。
【代表者】 理事長 宮廻正明
【事業内容】

[文化財保存修復助成事業]
文化財の保護、保存のための次のような事業に対する助成を行います。

  • 美術工芸品文化財の保存修復、公開のための事業
  • 建造物文化財の保存修復、管理、環境整備、公開のための事業
  • 有形民俗文化財の保存修復、公開のための事業
  • 国内外の文化財保存に関わる専門家育成の事業
  • 伝統技術保持者の行う技術の向上、伝承者の養成事業

[芸術研究等助成事業]
芸術及び文化財保存に関する研究活動、事業に対する助成を行います。

  • 美術・音楽等の芸術分野における調査研究
  • 文化財の保存修復に関する調査・研究
  • 外国人研究者の招聘、国際会議参加等の国際交流事業
  • 研究発表事業(展覧会・演奏会・シンポジウム等)

[国際協力事業]
人類共通の財産である、文化財(文化遺産)の保護・保存のための国際的な協力事業を展開します。

  • シルクロード周辺地域を中心とする文化財・文化遺産の保護、保存に対する支援
  • 自然災害や紛争による被災文化財の保護、修復に対する支援
  • 世界各国に所蔵されている日本古美術品の保存修復に対する支援
  • 文化財の保護・保存修復に関わる人材の育成

[シンポジウム等の開催事業 その他普及広報]
文化財保護の意識を広め向上させるため、また、芸術文化の振興を図るために次の事業を行います。

  • シンポジウム等の開催及び後援
  • 日中韓文化交流フォーラムの推進
  • 展覧会・演奏会の開催及び後援
  • 文化財保護に関する募金活動と広報活動
  • 広報誌の刊行
【設立】
昭和63年6月 財団法人文化財保護振興財団として設立
平成16年4月 芸術研究振興財団を吸収して財団法人文化財保護・芸術研究助成財団に名称変更
平成22年4月 公益財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団の設立
【財源】 当財団は、企業、団体並びに個人の皆様の賛助会費及びご寄付により運営されております。
何卒、財団の活動趣旨にご賛同いただき、ご支援賜りますようお願い申し上げます。
※賛助会員入会方法、寄付金につきましては、“ ご協力のお願い”をご覧下さい。
【事務局】 〒110-0007 東京都台東区上野公園12-50
TEL.(03)5685-2311
FAX.(03)5685-5225
【交通のご案内】 最寄り駅 JR上野駅下車 公園口より徒歩10分
ページトップへ